私たちは、日本童謡協会の名のもとに、真に子ども達のものとなる童謡の創造と、
その普及のために、心を一つにしてきました。

 “童謡”は、かつて大正七年七月一日、
「芸術として真価ある純麗な童話と童謡を創作する最初の運動」として発刊された、
雑誌『赤い鳥』が喚起して以来続く、
世界にほとんどその例を見ない優れた子ども達の文化所産であります。

 激しい社会環境のもとに、ともすれば真に子ども達のものとは何かが見失われがちな今日、
童謡にかける期待は、時代の要求となり、
新しい飛躍と隆盛が望まれています。

 私たちは、この時、
“今を生きる子ども達に、今生きる歌を”の主張を、全ての人々と分けあい、
社会的な運動にまで高揚し、
さらに大きなうねりとなって広がることを願って、
この記念すべき七月一日を、
「童謡の日」と制定することをここに宣言します。


          社団法人  日本童謡協会